| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Indefinitely

永住権が取れたので、Closureの意味を込めてTimelineなどをまとめます。
11_DEC.jpg

永住権とは? オーストラリアに外国人が永遠に滞在する権利(帰化ではない)のことです。
日本国籍を捨てる予定は今のところないです。

あと良く聞かれたのが、「そんなに長い間住んでるのに、まだ永住権もらえないの?」ですが、
その国に住んでいる年数と永住権の取得は全く関係なく、
オーストラリアに来たことなくてもポイントテストさえ通れば誰でも取得可能です。

ビサの種類 : サブクラス136技術独立移住ビザ
移民局への書類の提出 : 14 Sep 2005
移民局からのAcknowledgement : 27Sep 2005
移民局からの健康診断と警察証明書の提出のリクエスト: 16 March 2006
上記書類提出 : 18 May 2006
移民局から国外を出るようにとのメール:
移民局から永住権が下りる : 4 Dec 2006
パスポートに永住権を貼る : 11 Dec 2006

書類集めから合わせたら、軽く1年半はかかったけど、
一度提出してしまえば、時が経つのは早かった。

どうして永住したいか?気候が自分に合うのと、もうこっちにずっと住んでるから。
住めば都とは言ったもので、住んでいるとそこが生まれ育った場所ではなくても
居心地がよくなるものですね。

パスポートにシールも貼ってもらったし、明日の便で家に帰ります。
スポンサーサイト

| 永住権 | 23:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Certified Documentについて

今日はノースブリッジにある、薬局でついに文書のCertified Copyをしてもらった。

やっとのことで、重い腰をあげ技術独立永住権をの獲得を4月から開始。

技術独立永住権で一番初めにするのが、職種に認定のようなこと。私はITだからオーストラリアコンピューターソサエティーってところにITプロフェッショナルとして認定してもらわないといけいない。

その際にそろえる書類が
- パスポートとビザのコピー 
- 履歴書
- 会社からのReferenceLetter
- 大学の卒業証明書と成績証明書

会社からのReferenceLetter は色々細かく職務とか、お給料とか、フルタイムだったのかとか。自分のほうで下書きを書いて前の会社の人事におくったら、すぐに送ってくれた。

一番大変だったのが、履歴書。これも細かく今までに参加したプロジェクト、そのプロジェクトではどんなテクノロジーを使ったか、プロジェクトにおける自分の役割は?そのプロジェクトから何を学んだか、などなど。。。細かいところとか忘れてし、何しろめんどくさかった。今の会社では、3ヶ月おきのReviewをしているので、それを参考に。まじめに書いておいて良かったよ。

履歴書を書いたあとに、結構今日まで時間が空いてしまったのは、オリジナルをコピーしたものはすべてCertifiedCopyしてもらわないといけない。というところ。

移民局のサイトには、「郵便局、警察、薬局」でやってもらえると書いてあったけど、それを探すにも、(実際は考えるだけで)
面倒だった。で、先週買い物に行ったときに、薬局に立ち寄って
「DocumentをCertifiedしてもらいたいんだけど、できる人っている?」って聞いたら、「Peterなら、土曜日にしかこないけどできるわよ!」との返事。へぇー本当にできるんだぁ。半信半疑(なんで?)だったので、なんだこんなに簡単にできるんだなって感じ。

念のため、CertifiedCopyは2部ずつ持っておきたかったから量は25枚ぐらいあったかなぁ。おじいちゃんでさ、ほんと恐縮だったよ。お金払えるんだったらその方がよかった。

移民局にいざ永住権の申し込みとか、パスポートのすべてのページ(スタンプが押してあるところ)すべてCertifiedしてもらわないといけないから、気が遠くなる。何ページあるんだよぅ。

とにかくこれで書類がととのったので、来週には申し込みができる♪でもさ、却下されたりしたらどうしよう。同時にビジネスビサも剥奪?なんてことにならないように。

会社が永住権をスポンサーするほうが、処理の時間が断然短い。一番ながくて2ヶ月とか、私の勤めてる会社はポリシーとして永住権のスポンサーはしないそうだ。残念。

エージェントを使用しようかどうか考えたけど、自分でできそうだし、移民局に申し込みをする際にだけ、お願いしようかと思ってる。はじめからエージェントを使用すると5000ドルぐらい軽くかかる。あとでお願いしようと思ってるのは、仕事の関係で出張が多くて、移民局から連絡が取れなったら困るなとの理由。途中からやってくれるところだったら、1500ドルぐらいでいいみたい。

来週申し込むがしたら、戸籍謄本の翻訳頼んで、IELTSのテストを受けないと。IELTSの試験ってどこで受けるんだろう。どっかの大学か英語学校か?探してみます。

で、そのあとは町にいって、靴は服を買う。紀伊国屋にいって「電車男」かって読む。最初は全然興味なかったけど、っていうか2ちゃんねる専用語?を見て、にふわーって興味がなくなんだけど、色々話題を聞き読む気に。これが結構面白かった。

| 永住権 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。